ぷらぷらカメラ ひトリ歩き

falcon65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 03月 18日

硫黄島 番外編

くらげねこさんの小笠原旅行記にTBさせていただきます。



父島ウエザーステーションから見る二見港、先代『おがさわら丸』1986年
b0019557_16264135.jpg

くらげねこさんの写真とほぼ変化無し、街の風景。
変わったのは船が二代目『おがさわら丸』になった事かなあ。


当時のおがさわら丸は航海速力20ノット(37km/h)、東京竹芝桟橋、父島二見港間を28時間で結んでいた。
午後3時に二見港に到着すると父島へのお客さんと生活物資を陸揚げ。
そして慰霊団の方を乗船させたまま硫黄島上陸用の小型船と移乗用の浮き桟橋を積み、午後6時頃硫黄島に向け出航。
硫黄島沖へは翌日未明に投錨できた。




父島境浦の沈船
b0019557_16265444.jpg
太平洋戦争の際米軍の攻撃を受け、浅瀬にのしあげ沈没を防いだ濱江丸。
この頃はまだ船の形を保っている。
船上に1本大きく木が生えているのに気がつくだろうか?



溺れそうになりながらそばまで行ってみた。
b0019557_1627683.jpg

この船の中にはサメが居るぞ!
そう脅かされていたので、おっかなびっくりの及び腰写真である。
でもそれでかえって迫力が出たかも。
潜水艦の潜望鏡から覗いているようだ(笑)



父島1番のビーチ小港海岸
b0019557_16271810.jpg

それでもまばらにしか人が居ない(笑)
GWや夏休みはもう少し人が居るはず。
個人的には酔っぱらって泳いで、もう少しで三途の川を渡る所だった思い出の海。
もう絶対無茶はしません(大汗)



おが丸のバイトは都合9航海くらいだったろうか。
ほんのちょびっと海の男になれて、いい体験が出来た。
今では船が大好きで、とにかくどんな船でもいいから乗っているだけでゴキゲン(笑)

残念ながらクジラ見物もダイビングも父島では未体験。
今度行く時はゆっくり遊んでみたいなあ。



良かったらココ↓クリックおねがいします。
人気blogランキングへポチッとな!
ありがとうございます。

by falcon65 | 2007-03-18 17:05 | 硫黄島


<< お疲れ様でした      アンバー >>