2013年 05月 02日

あーやんなっちゃった(続)

昨日の午前9時頃に起床してから今に至るまで、ほとんど眠って無い。
なれちゃってるから大丈夫だけど、まあこれもあーやんなっちゃっただな(笑)


そうそう、某女芸人の話だったっけ。
トークネタでタクシー運転手こき下ろすのが得意のようです。

「行き先を言っているのに、
 どのようなコースで行きましょうなんていちいち聞くな!
 プロなんだからとっとと行け!」
そして
「ワタシは道順は言わない、プロなんだから考えろ!」
とか

「寝坊しても起こしてもらえるように、
 家まで迎えにきたらチャイムを鳴らすようにタクシー会社に言ってあるのに、
 クルマの外で突っ立ってるだけで起こしてもくれなかった。」
そして
「その運転手は某国営放送局までの道がわからなくて、
 ナビで道順を調べさせて進行させたのに、
 自分が寝ているうちに甘谷の同玄坂のラブホ街に迷い込んで遅刻しした!」
とか、ギャーギャーわめいていた。


ねえ、どんな仕事でもお客様と打ち合わせや確認ってするんじゃないでしょうかね。
プロならなおさらするよ。
なにしろ道順って何通りもあって、お客様のお好みがあれば、
それを尊重するべきだと思う。
もちろん、運転手にお任せって言ってもらえれば、
曜日や時間に応じて、コースの提案をするさ!

それから寝坊した時点で遅刻なんじゃないでしょうか?
タクシーの運送約款には、寝坊助を起こすなんて書いてない。
自分の失敗を責任転嫁して騒ぎ立てるんじゃないよ。


この某女芸人はタクシーをよく使うので、同僚運転手からも評判を聞いている。
いい話は聞かないかな。

ワタシ自身、複数回お乗りいただいている。
ぶっきらぼうだったけど、丁寧な接客をしたからか、
怒りだすことはなかったけどね。


何十万、何百万人の人が見ているテレビというマスメディアで、
特定の業種にについている人をこき下ろして笑いを取ろうとする芸人って、
卑しいなって思うよ。
こちら、タクシー運転手側から反論する場がないからね。

ついでに言えば、こんな某女芸人の卑しい話を、
公共の電波を使って垂れ流す放送局も卑しいよな。


ね、某女芸人さん、
「あんたプロなんだから、なんか面白い話でワタシを笑わせてよ!」
ワタシはいまだかつて一度も、この某女芸人の話で笑ったことが無いんだから(笑)

あ、それから、
「又のご乗車を心からお待ちしております。」

えーワタシはプロですから、どんなに嫌なヤツでも、
表情一つ変えず親切丁寧な接客で、快適に目的地までお送りさせていただきます。
「いつでも来いや!」

そ、ワタシは6年の年月を経て、すっかりプロなタクシー運転手なりましたとさ(笑)





by falcon65 | 2013-05-02 21:41 | 熊助の車窓から(仮)


<< 生存のおしらせ      あーやんなっちゃった >>